読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と話す、おひとり様時間。

ひとりが好きです。人も好きです。でもひとりが好きです。

成長期。

 なのかもしれないな、と、ふと。

f:id:micax:20160930132332j:plain

 きっかけがあり、2ヶ月前、いろんなことを始めました。

 ダイエット、運動、早寝早起き、洗濯。

 これが出来るようになったら自信がついて、最近さらにいろんなことを始めました。

 掃除、お金の管理。

 以前書いた、人間になりたい、という思いからです。
 やっていることは、人間が生きて行く上で当たり前にやらなければいけないことでした。そんなことですら、私は出来ていなかったのです。

 それは、私にとって大きな一歩でした。

 まだ2ヶ月だから、あまり胸を張って言えないのだけど、続けられたことですごい自信が付きました。
 その自信は、私に、思いもかけない考えをもたらしていることに気が付きました。

 それは、今の仕事について。

 私は、再来年度いっぱいまで働いたら仕事を辞めるつもりでした。今年の年明けに、それを決意させる出来事が起こり、しかし自分の抱えた仕事を責任持って他の人に引き継ぐためには3年は必要だなあと思っていました。

 顧客のため、と、思っていました。

 でも、自分は?
 と、考えたときに、大きなハテナが浮かぶんです。

 そうだ、自分のことを、私は考えたことがなかった。
 私が人間らしく生きる為に、ここにいる意味はあるのだろうか?

 確かに、自分の手でしっかりと終らせたい仕事があることも事実です。それは、少しだけ、自分の希望もあるかもしれません。その仕事だけは、手放すことを考えると涙が流れます。

 でも、手放せば、スッキリするんじゃないだろうか。

 私は、自分を見つめることを忘れていたように思います。
 私の人生の主役は、私でいいんじゃないか。そんな生き方だって、許されるんじゃないか。

 特殊な仕事のため、来年度いっぱいはもう仕事が決まってしまっているのですが、そのあと。

 私は、私が一番輝ける生き方のために、正しい選択が出来るのだろうか。


──────────
ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村