読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と話す、おひとり様時間。

ひとりが好きです。人も好きです。でもひとりが好きです。

お金の使い方について、考えてみました。

お金のこと

 今日も、ちゃんとしている人にとったら、とても信じられない、情ない話。

f:id:micax:20160929130420j:plain

 昨日お話した、会社からの借金の話。

 ずっと向き合いたくなくて、15万円くらいだろうと思っていたのですが、意を決して数えてみたら24万円ありました。

 言い訳ではないけれど、昨日言った通り仕事に使っているお金です。すぐに返すべきものではありません。
 その辺の事情は割愛させて下さい。

 お金に対する考え方を変えなければいけないと思いました。
 と、言うのも、私の両親はお金の使い方が下手な人でした。
 そのせいで、私は、小さい頃借金取りの人に待ち伏せされていたことが何度もあります。

 原因を作った両親と、同じ頭になっていると、やっと危機感を覚えました。

 と、言うわけで、お金について考えてみます。

 私は、あればあるだけお金を使っていました。今までの自分を見直してみたときに、計画をして使わなければいけないと思いました。

 ちょうど、決意した所で、明日が給料日なので、明日になったらすることを3つ決めました。

 まず1つ目。
 1ヶ月に使うべきお金があります。交通費、税金、スキルアップのためのレッスン代。このお金はきっちり計算して、財布ではなく封筒に入れることにしました。
 今までは、なんとなく、財布から適当に払っていましたが、これは生きていくのに最低限必要なものです。その値段を出してみて、私は自分にこれだけのお金が掛かるんだということを初めて知りました。普通の人からしたら当たり前のことなのだろうけど、私にとっては大きな大きな1歩です。

 2つ目。
 交流費を、財布に入れることにしました。10月は人と会う約束がいくつかあって、大体3万円くらい使うだろうと考えて、3万円にしました。
 人との交流は私にとってとても大事です。このお金は、削ることが出来ませんでした。会う人たちの顔や思い出を思い浮かべながら、慎重に値段を出しました。
 もしも足りなかったら、次の3つ目から足しにします。

 3つ目。
 生活費を、簡易的な別の財布に入れることにしました。
 これは、私が一人で使うお金です。自分の食費、化粧品などの消耗品、また1人での登山などに行くことがあったら、ここから出します。
 これは、今月は2万円に設定しました。単純計算で、1日600円強は使えることになります。だけど、上に挙げた交流費が底をつくこともあるかもしれないので、節約していかなければいけません。
 お小遣い帳のアプリをスマホに入れたので、そこにはこの生活費から出したお金を記録して行きたいと思います。
 何故かと言うと、私は多分、お金そのものを見ても、それが減っていることや貯まっていることに、あまり気付けない性格なんじゃないかと思ったからです。
 昔から、算数が苦手なことも原因かも知れません。
 ちゃんと自動で計算してくれるアプリを活用して、自分の状況をしっかりと知れるようにしたいです。

 この3つが決めた事です。
 あまり生々しい、給料や税金などの具体的な金額が書けなかったのでこのような書き方になりましたが、交流費と生活費の5万円というのは、月々返していく額を決めてから決定しました。

 返納額+必要経費+5万円=お給料

 です。
 この返納が、いつの日か、貯金額に変わるように。
 しっかり実戦していけるように、頑張ります。

 怠け者の、決意でした。


──────────
ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村