読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と話す、おひとり様時間。

ひとりが好きです。人も好きです。でもひとりが好きです。

頑張ってみたら、なんかいいことあるかも!

 こんにちは。

 退職を決めて、数週間経ってしまいましたが、結局、辞めたいと思っても辞められるのは最短でも一年後。
 その後フリーターになるにしても、なんかもっとこう、社会に貢献出来る人になりたいと思って。

 そのための準備、何が出来るかなって考えて、一年もあるんだから、勉強しようって思いまして。

 ううん、思っただけなのですけどね。

 これから、東京オリンピックもあるし、役立つのは外国語!
 喋れる英語は、this is a pen!それくらい!

 それじゃあ駄目だね。
 中学英語をやり直そう。

 TOEIC、400点くらいは……目指してみたい。志は、低くゆるく。

 もう一つ、やってみたいのは、中国語。大学時代に挫折しているのですが。
 今の仕事ですら、ああ、中国語が喋れたらなあ……って思うことが多いです。でも、挫折したような奴に出来るのだろうか。

 とても考えたけど、とりあえず、勉強の習慣を付けようと心に決めました。

 見た目が微妙な分、中身の濃いいい女になりたいなあなんて。

 戯言です。
 数ヶ月後、挫折しましたーなんて言う記事が上がってたら笑ってください(笑)。

──────────
ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

退職すること。

 当初の予定より早目に退職することを、決心しました。
 時期については、まだ考えていて、契約の通りに働くなら、再来年の4月まで。もし話が上手く行けば、来年の冬で退職出来るかもしれませんが、まだ上の人には話していません。

 私は、今いる会社に恩があります。
 1度、実力不足で大手から首を切られた私を拾ってくれた、その大手の特約店を運営しているのが今の会社です。

 会社の人は、私が大手に戻れるようにと応援してくれていました。
 だけど、そのときも。
 私は、拾ってもらったことに満足して、甘えて、大手に戻ることを諦めてしまいました。

 だけど、私はその分会社のために頑張ろうと決めました。
 誰よりも、仕事をたくさん取りました。それは、自信があります。数字もあります。
 自分のスキルを下げないために、勉強も沢山して外部のレッスンも受けていました。

 でも、それでは駄目だったみたいで。

 先日、突如、私の仕事を新人に回すという話が降って湧いてきました。
 その仕事は、私がレッスンに通うために時間をセーブさせてもらうことをお願いしていた唯一の曜日の仕事でした。会社もスキルアップのためにそんな時間を取ることを推奨していました。

 なのに、突然です。
 私には、それは許されないからと言われました。

 その新人というのは、会社の取引先の人の娘さんらしいのです。娘を働かせてほしいという話をされたということは、少し聞いたことがありました。

 私はそんな理不尽な理由でそんな新人に私の今までの仕事を取られるのは嫌なので、泣く泣くレッスンの方を変更して頂けるようにお願いしました。

 会社のために、と思って大事にしていた仕事を、私はなんとか死守しました。

 ――ねえ、それってどうなの?

 はっと我に返ったとき、私は、何のために働いているのだろうって悲しくなって、ぽろぽろ泣きました。
 仕方ないです。私だって、会社が応援してくれてたのに甘えて諦めて、裏切ったんだから。
 もう少しはやく気付けばよかった。私に、ここで働いてる意味は、多分ない。

 悔しくて、悲しくて、涙が出ない日はありません。

 今日はとってもいいお天気で。
 空が青いです。
 それがとっても辛いです。

                                                        • -

ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

今月の決算

 お仕事の計算をして、今月は、すこーしだけ、前進しました。

 お金のことは毎度詳細を話せなくてふわっとした話になってしまいますが、今月は本当にちょびっとだけの前進でした。

 本当に、私はお金の使い方が下手です。喉が渇いたら自販機でジュースを買うし、お腹が空いたらパン屋さんでパンを買っていました。
 お金の管理をするようになって、それは、お金持ちの使い方だと気付きました……。

 節約は、楽しくなってきました。
 同じ物でもお店によって値段が全然違うことを、30手前にしてやっと知りました。
 いや、知ってはいたけど、何十円の差がこんなに大きいとは思わなかったのです。
 安いもの探して歩くことが苦じゃなくなったので、運動量も増えました。

 計算上は、来月はもう少し前進出来そうな予感です。
 今月は、目に見える前進はわずかでした……。

 前のブログで生活費に2万円を設定したのですが、もしかしたら、多すぎたかもしれないです。そう思えたことが大きな変化。今月も余ったら、来月の返済に回します。

 ところで、最近たまに、貯金大好き女子みたいな女性の特集を見掛けます。
 すごいなーと、漠然と思っていたけれど、今はそれを目指したいなあなんて思ったりしています。

 お金を貯めるスタートラインに、早く立ちたい!

 24万円→22万円。
 借金額です。微々たる……。
 でも、こうして計算することすらしてなかった私なので、成長です!

 と、自分にあまーく生きていく。笑


──────────
ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

成長期。

 なのかもしれないな、と、ふと。

f:id:micax:20160930132332j:plain

 きっかけがあり、2ヶ月前、いろんなことを始めました。

 ダイエット、運動、早寝早起き、洗濯。

 これが出来るようになったら自信がついて、最近さらにいろんなことを始めました。

 掃除、お金の管理。

 以前書いた、人間になりたい、という思いからです。
 やっていることは、人間が生きて行く上で当たり前にやらなければいけないことでした。そんなことですら、私は出来ていなかったのです。

 それは、私にとって大きな一歩でした。

 まだ2ヶ月だから、あまり胸を張って言えないのだけど、続けられたことですごい自信が付きました。
 その自信は、私に、思いもかけない考えをもたらしていることに気が付きました。

 それは、今の仕事について。

 私は、再来年度いっぱいまで働いたら仕事を辞めるつもりでした。今年の年明けに、それを決意させる出来事が起こり、しかし自分の抱えた仕事を責任持って他の人に引き継ぐためには3年は必要だなあと思っていました。

 顧客のため、と、思っていました。

 でも、自分は?
 と、考えたときに、大きなハテナが浮かぶんです。

 そうだ、自分のことを、私は考えたことがなかった。
 私が人間らしく生きる為に、ここにいる意味はあるのだろうか?

 確かに、自分の手でしっかりと終らせたい仕事があることも事実です。それは、少しだけ、自分の希望もあるかもしれません。その仕事だけは、手放すことを考えると涙が流れます。

 でも、手放せば、スッキリするんじゃないだろうか。

 私は、自分を見つめることを忘れていたように思います。
 私の人生の主役は、私でいいんじゃないか。そんな生き方だって、許されるんじゃないか。

 特殊な仕事のため、来年度いっぱいはもう仕事が決まってしまっているのですが、そのあと。

 私は、私が一番輝ける生き方のために、正しい選択が出来るのだろうか。


──────────
ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

お金の使い方について、考えてみました。

 今日も、ちゃんとしている人にとったら、とても信じられない、情ない話。

f:id:micax:20160929130420j:plain

 昨日お話した、会社からの借金の話。

 ずっと向き合いたくなくて、15万円くらいだろうと思っていたのですが、意を決して数えてみたら24万円ありました。

 言い訳ではないけれど、昨日言った通り仕事に使っているお金です。すぐに返すべきものではありません。
 その辺の事情は割愛させて下さい。

 お金に対する考え方を変えなければいけないと思いました。
 と、言うのも、私の両親はお金の使い方が下手な人でした。
 そのせいで、私は、小さい頃借金取りの人に待ち伏せされていたことが何度もあります。

 原因を作った両親と、同じ頭になっていると、やっと危機感を覚えました。

 と、言うわけで、お金について考えてみます。

 私は、あればあるだけお金を使っていました。今までの自分を見直してみたときに、計画をして使わなければいけないと思いました。

 ちょうど、決意した所で、明日が給料日なので、明日になったらすることを3つ決めました。

 まず1つ目。
 1ヶ月に使うべきお金があります。交通費、税金、スキルアップのためのレッスン代。このお金はきっちり計算して、財布ではなく封筒に入れることにしました。
 今までは、なんとなく、財布から適当に払っていましたが、これは生きていくのに最低限必要なものです。その値段を出してみて、私は自分にこれだけのお金が掛かるんだということを初めて知りました。普通の人からしたら当たり前のことなのだろうけど、私にとっては大きな大きな1歩です。

 2つ目。
 交流費を、財布に入れることにしました。10月は人と会う約束がいくつかあって、大体3万円くらい使うだろうと考えて、3万円にしました。
 人との交流は私にとってとても大事です。このお金は、削ることが出来ませんでした。会う人たちの顔や思い出を思い浮かべながら、慎重に値段を出しました。
 もしも足りなかったら、次の3つ目から足しにします。

 3つ目。
 生活費を、簡易的な別の財布に入れることにしました。
 これは、私が一人で使うお金です。自分の食費、化粧品などの消耗品、また1人での登山などに行くことがあったら、ここから出します。
 これは、今月は2万円に設定しました。単純計算で、1日600円強は使えることになります。だけど、上に挙げた交流費が底をつくこともあるかもしれないので、節約していかなければいけません。
 お小遣い帳のアプリをスマホに入れたので、そこにはこの生活費から出したお金を記録して行きたいと思います。
 何故かと言うと、私は多分、お金そのものを見ても、それが減っていることや貯まっていることに、あまり気付けない性格なんじゃないかと思ったからです。
 昔から、算数が苦手なことも原因かも知れません。
 ちゃんと自動で計算してくれるアプリを活用して、自分の状況をしっかりと知れるようにしたいです。

 この3つが決めた事です。
 あまり生々しい、給料や税金などの具体的な金額が書けなかったのでこのような書き方になりましたが、交流費と生活費の5万円というのは、月々返していく額を決めてから決定しました。

 返納額+必要経費+5万円=お給料

 です。
 この返納が、いつの日か、貯金額に変わるように。
 しっかり実戦していけるように、頑張ります。

 怠け者の、決意でした。


──────────
ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

人間になるための第一歩。

 一歩一歩、歩いて行けたらいい。

f:id:micax:20160928124030j:plain

 すごく悲しくなったときに、聴く曲があります。
 スピッツの「スピカ」。

スピッツ / スピカ - YouTube

 包み込まれるような感覚になる、優しい曲。

 昨日、なんだかわからないけど心身ともに疲れきってしまって、ぽろぽろ涙が止まらなくなってしまった。

 多分、なんだけど。
 一人でハイキングに行くのが、自分を見つめ直すきっかけになってて。
 現実に戻ったとき、目を背けてきた色々なことが押寄せてきて、苦しくなってしまったように思います。

 片付けなきゃいけないことを、ここに書き出すと、あまりに情けないのだけれど、戒めのために書きます。

 私は会社に借金をしています。
 借金と言っても、すぐに返さなくてはならないものではなくて。詳しい事は割愛しますが、雇われ店長のややこしいなんやかんや。
 ただ、返さなくてはいけないときは来ます。それは、仕事を辞めるときです。
 辞めるときは、そう遠くない未来に、来ます。今すぐにではないけれど、数年の内には、と決めています。

 でも、これは、なんとか出来る見通しが立ってきました。

 と、いうのも、これも情ない話なのですが、ダイエットを始めて外食を控えたら、お金が貯まる様になりました。一体、毎日いくら使ってたんだろう……と、自分で愕然としています。

 これからこの調子で少しずつお金を貯めて、少しずつ、返して行って、出来れば、貯金0というのは年齢的に厳しいので、貯金を始めたいです。
 そのための基盤を作ることも、ゆっくりとしていきたいです。借金をなくすとか、払うべきお金を払うとか、親に頼らず自立するとか。

 仕事のことなので詳しくは書けませんが、あと2年半が私の締切です。それまでに基盤を作るようにする。

 自分ひとりで生きれない大人なんて、人間じゃないと、思います。
 もちろん、色々な理由があって働けない人、働きたくない人もいると思うし、それは、仕方の無い事だし不平等とは決して思いません。
 でも、私は働いています。安くても、お給料をもらっています。
 それなのに、ひとりで生きれない。ただの甘えです。親が死んだら私も死ぬなんて、そうは思っても、死ぬ覚悟が出来るような強い人間ではない。それに、もしかして私が明日、大病を患ったら……。治療をするお金もありません。入院も出来ずに、家で耐えるしか。

 そんな私は、人間ではありません。
 人間になりたいです。

 でも、お願いです。趣味はあるので、趣味には、お金を割かせてください。
 ゆるゆるですみません。

 そんな中で、宣言します。
 私は、今年度中に、会社からの借金は全て返済します。
 またまた情けないことに、いくらになっているのかも知りません。多分、15万円くらいです。

 借金のことを誰かに話した事はありません。でも、書こうと思ったのは、人間になりたいからです。

 人間になりたいです。

 いや、なりたい、じゃなくて、なるのです。

 甘い奴だと、思って頂いて構いません。でも、私は私のペースを崩したくないのです。

 ワレモノは手に持って運べばいいでしょう?

 その言葉が、じっとりと響いて、また涙が出てきます。


──────────
ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

日和田山-物見山〜おひとり様の意味

 日曜日に、以前雨で断念した日和田山に登りました。
 電車が遅延していたこともあり、ゆっくり、朝10時過ぎの登山口。

f:id:micax:20160927124938j:plain

 ソロ登山チャレンジ2回目。
 雨のソロデビューだったのですが、今日はよく晴れていて暑いくらい。
 夏が大好きな私には、最高のコンディションでした。

f:id:micax:20160927125116j:plain

 この、「山の小道」感(?)。
 何度来ても癒されます。

 日和田山は、3回目くらい。日和田山に来ると好天に恵まれます。日和田山、素敵。
 というより、雨の日に来ようと思わないだけなんですけどね。

f:id:micax:20160927125342j:plain

 この、荘厳な雰囲気。
 素敵です。とても素敵で好きなポイントなのですが……。

 人が、多い!!

 麓にある巾着田曼珠沙華の見頃と重なっていたこともあるけれど、団体さんが多かったです。
 ここで休憩をしていた人が多くて、私もここの神聖な雰囲気をしばし堪能したいなんて思っていたけれど、そんな空気には到底なれず。
 しまい込んでいたグローブを準備すると、そそくさと出発するのでした。
 男坂と女坂の分岐ですが、迷わず男坂方面へ!

f:id:micax:20160927125857j:plain

 小川。
 水の流れる音って癒されます。ここには休める場所はないけれど、人はあまりち止まらないので、ここでしばし自然とお話。

 先日の高尾山は雨でしたので、こうして立ち止まることは出来ませんでしたが。
 目を閉じて、凄く、癒される時間です。
 しかし、耳を研ぎ澄ますと、団体さんの騒がしいお声が……。
 皆さん、とても楽しんでらっしゃるのだろうし、自然を愛する気持ちは同じだから、こう言っては何ですが。

 うるせーーー!!!

 鳥居の所にいた団体さんを撒こうと早足で歩いてきたのに、もう追いつかれたかっ!

 とりあえず、進みます。
 日和田山は、岩場の多い山です。初心者でも岩場が楽しめるので、楽しい。これを楽しみに来ました。
 初心者ながら、「三点支持」という言葉を覚えました。きっと、安全に登れるはず!

 その前に、木の根が剥き出しの道も。

f:id:micax:20160927164748j:plain

 木の根を見ると、生命力を感じてとても力をもらえます。

 スピリチュアルな気持ちで進んでいくと……、
 来ました。

f:id:micax:20160927164708j:plain

 立ちはだかる、岩場。
 岩場自体は小学校の遠足でも登る場所なので(実際遠足で登りました)まあ行けるとは思ったんですが、不安だったのは、コースを取り間違えてしまうこと……(笑)

 前には、おじいちゃん、おばあちゃんとお孫さんという三人組がいて、

「お先にどうぞ」

 とにこやかに言われましたが、

「いえ! 着いて行かせて下さい!」

 と、堂々たるお願いをしてくっついて行かせてもらいました。何というビビリ。

 でも、自分でも不思議なのは……、団体さんには圧倒されてしまうのに、こういう些細な人との触れ合いは、楽しいなってこと。
 人といるのは疲れちゃうから一人で登山に来ているけれど、こういうのは、暖かい。

 って、自分が勝手に他人を頼りにしてるだけなんだけど。

 少し登って、見下ろす。

f:id:micax:20160927165209j:plain

 ほんとに少し。

 岩場登りは楽しいです。
 前回来たときは少し怖いな、と、思ったのだけれど、今日は平気。楽しめました。

 しかし楽しかったのも短い時間。ある程度まで来ると、なんと、岩場が渋滞して進めないではありませんか。

 またもや、団体さんです。
 岩場が無理だと悟ったのか、逆走して降りてくる人を待ったり。
 良いハイカーさんは、イライラしたりしないんだろうけどなあ。どうしても、イライラしてしまうのは、まだまだ修行が足りません。

 渋滞は、大丈夫なのだけど、一番辛いのが人の声です。
 もっと早目に出て来ればよかったなあ、などと思いながらも、まあ、コースを取り間違える心配なく進めたからよかったかな!

 何とか岩場を登りきると。

f:id:micax:20160927212240j:plain

 ここが、日和田山屈指の眺めのいい場所。下に見えるは、巾着の形だから巾着田。よーくわかります。

f:id:micax:20160927212355j:plain

 うっすらーっと、富士山も見えます!
 ここが、日和田山イチのお弁当ポイント。人がいっぱいいます。ビールを開けてる人も?? どうやって下山するんだろう……と、思いましたが、今考えるとノンアルコールかな?
 ビールが飲みたくなりましたが、この、人混みの中で一人で飲むのは、やけ酒になりかねません。

f:id:micax:20160927214222j:plain

 爽やかな秋の気配に後ろ髪を引かれながらも、その場を一人、後にする。

 ここが一番見通しがいい場所なので達成感も一入ですが、ここは日和田山山頂ではないのです。
 神社を横目に、進みます。

f:id:micax:20160927214438j:plain

 ここで私は、立ち止まる。
 登ってきた日和田山山頂はもうすぐ。右を登れば踏破だ。
 でも、耳を澄ませばやかましい人の声。
 左を向けば、静かな小道。これから目指す道。

「……よし、山頂を、パスしよう」

 10秒にも及ぶ脳内会議の結果、今日は日和田山登頂を諦めることにしました。
 まあ、来たことあるし……また来るし! 本当に本当に、もっと早くから来ればよかったと後悔しながら。

f:id:micax:20160927214901j:plain

 さあ、高指山に入ります。
 こちらは、もちろん何人かとすれ違いはしましたが、とっても静か!
 緑に囲まれる非日常が、本当に本当に気持ちいい!

f:id:micax:20160927215037j:plain

 実は、ここからは未知の世界でした。前回は、そのまま女坂を降りましたので……。
 絵本の世界のよう。この雰囲気が、とても好きだなあと、何度も何度も深呼吸。

f:id:micax:20160927215242j:plain

f:id:micax:20160927215253j:plain

 可愛い写真を撮りたかったのです(笑)。
 あ、言い忘れてましたが、私はトイカメラのような写真を撮るのが大好きなので、実際の風景を観たい! という方は、期待しないで見てくださいね。

f:id:micax:20160927215431j:plain

 ものすごい存在感を放つ、きのこ。きのこ図鑑でも買おうかしら。
 そんなこんなで、静かな自然を満喫していたら、登山道を抜けました。
 高指山も、山頂地点はあるようだけど、行き方がよくわからなかったのでこちらもパス。こういうのは怖いので、誰かを連れてまた来たいです。

f:id:micax:20160927215713j:plain

 舗装道路に入りましたが、これもまたいい感じの道。
 この道を通って、物見山を目指します。
 プチ縦走コースなのに、2つも山を越えたはずなのに、まだ山頂を見ていないじゃないか!

 物見山だけは、何が何でも制覇しなければ。

 ……という、決意も打ち砕かれる光景が、物見山の登山口にはありました。

 見渡す限り、人、人、人。
 あれ? みなさんどこからやって来たの?
 やっぱり団体さんが多かったです。何組かいたようだったけれど、幸い、登山口に入って行く姿はまだ見えなかったので、ここでもそそくさと山に入ります。

f:id:micax:20160927221340j:plain

 登山口。
 入ってすぐのところで降りてくる人何人かとすれ違いましたが、みんな、つるつると滑って行きます。
 足元が、岩なんですね。昨日までの雨で滑りやすくなっています。
 特に面白かったおじさんが、

「わっはっは〜、いってらっしゃーい!」

 っと大笑いしながら声を掛けてくれましたが、もうほぼほぼスキーのようで。滑ってますよ、おじさーん!

 物見山は、私が調べられた範囲ではルートが一つしかなく、どうしても来た道を戻らなきゃいけないようです。
 下りで滑ることが一番の恐怖である私は、先の事は考えないことにした! いざゆかん物見山!

 団体さんに追い付かれないように、ざかざか歩きました。大勢の声が着いてくる感覚が、本当に怖いです。

f:id:micax:20160927222040j:plain

 一箇所だけ、足を止めましたが、上手く撮れませんでした。きのこ。花や草や木には疎い私ですが、きのこはやたらと目に止めたがります。きのこ博士を目指そうかな?! なんて。

 物見山の登山道は短かったです。
 でも入口同様、殆どずっと、地面が岩。滑らないように慎重に。
 日和田山も岩場だらけだし、岩の多い山ばかりなのは、理由があるのかな? 暇な時に、調べてみよう。

f:id:micax:20160927222545j:plain

 山頂です!
 三角点は別のところと聞いたのですが、もういいや! と、なってしまいました(笑)。
 そしてここも、人が多くいました。
 それもそのはず。時計を見たら、11時半。そろそろお昼の時間ですものね。

 人が多いと言えど、シートを敷いて寛げそうだったので、ここでお昼ご飯!

f:id:micax:20160927222819j:plain

 物見山の山頂は、木に囲まれてほぼ何も見えません。
 なんだか、それがやけに落ち着きました。
 ちょっと、お気に入りポイントになりました。ごろんとしたい気分でしたが、人がいっぱいいるのではばかられました(笑)。

 少し休憩したら、出発。滑りながらの下山です(笑)。
 危なかったけれど、転倒することもなく、登山口に戻ってくると、

f:id:micax:20160927235538j:plain

 ここも、こんなに、見晴らしが良かったのですね。

 帰りは下の林道を通って高麗駅まで帰りました。川に沿った道なので、ずーっと水の音が聴こえてる。すごーく、心地のいい帰り道。

f:id:micax:20160927235723j:plain

 落石注意。
 説得力ありすぎー(笑)。

 帰りついたら、曼珠沙華まつりで賑わう巾着田付近の川で、ひとりかんぱーい!

f:id:micax:20160927235839j:plain

 足はクタクタなのに、清々しい感覚。一人でないと、感じられない、かな。
 今度は、絶対早くに登りましょう。うん。



f:id:micax:20160928000029j:plain

──────────
ランキングに参加しています。よければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村